読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄想・助走・暴走

助走をつけた妄想がやがて暴走していく文章になる

この支配からの

 掠めた単位で卒業す~ 進学先もわからぬまま 暗い人生闇の中へ~

 というわけで卒業した。三年間クソみたいな高校に通っていたので特に何の感慨もない。

 うちの高校の卒業式は毎回派手だったのだが、今年からは標準服(制服のようなもの)を着用して参加するようにとの通達があった。それまでは袴を着ている生徒が多かった。

 高校生程度の貫禄で袴を着られてもこちらとしては噴飯物でしかないんだが、そこは我がU高校、頭のネジが吹っ飛んでそのままトリプルアクセルしているような連中なので、通達については完全に無視を決め込み、本土に舞い降りたダグラス・マッカーサーのような衝撃を周囲に与えながら袴姿のまま乱入してきた。

 よりによって自分がいたクラスは学年主任が担任をしていたのだが、その学年主任の横に並んで立っている女子はバリバリの袴姿。昭和天皇マッカーサーが並んだ写真の現代版はおそらくこんな感じになると思われる。

 肝心の卒業式だが、寒そうなところで吹奏楽部の部員が大してうまくない演奏を延々と披露しているところに同情し早くも涙を流しかけた。国歌斉唱はそもそも君が代歌いづらいし風邪気味だったので自重した。隣の韓国人の女の子が歌っていたのは驚いた。起立していない教師を探そうとしたが、生徒が邪魔で見えなかった。

 卒業証書授与。生徒数が多いので一人ひとりが壇上に上がるのではなく代表者が貰い受けるという手法。担任から名前を呼ばれて「はい」と返事をするだけだ。途中誰か「いいえ」と言わないものなのかなと思っていたがそんなこともない。

 校長の話。よく覚えてない。なんか、挑戦しましょうみたいな話だった気がする。途中涙ぐんだのか声が震えていたが、そもそも三年生になってからやってきた校長に大して世話になっているわけでもないし、泣かれてもそれはそれで困るなあという感じ。

 来賓の話。PTAの人の話はかなり短かった。「ありがとう」の一言で済まされたと思う。もう一人の来賓は同窓会の会長の話だったんだが、まず歩くのが遅いハンプティ・ダンプティみたいな体型している爺さんだったのが気がかりで、話している途中で次の言葉を忘れ、虚しく息の音がマイクに乗って体育館に響いている。これはシュールなコントかなと思っていると、思い出したように話し出す……というのを繰り返していた。生きているのか死んでいるのかよくわからなかったが、話してたんで多分生きていると思う。

 その後は校歌斉唱。歌詞を覚えてなかったので歌わなかった。そして退場。退場する際に今までありがとうございましたと担任に挨拶しようと男子に提案されたが、オレは特にありがとうございましたとも思ってないので頭も下げずに無視した。

 写真撮影。女子高生の自撮りにただひたすらピースサインだけを残していった。数年後のアンビリーバボーでもし奇っ怪なピースサインとして紹介されていたらオレだと思って欲しい。

 というわけで卒業式は終わった。といっても俺は浪人なのでもう一年プラスされるわけだが……。