読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄想・助走・暴走

助走をつけた妄想がやがて暴走していく文章になる

近況報告

 うぇひひ、おしっこ、できた。

 という夢を見てハッとして起きたら寝小便は垂れてなかったようなのでひと安心しまた眠った。最近、夢のなかでAVを見る夢とか、理不尽に現実と虚構の境界をさまよっている気がする。

 ダンスダンスレボリューションというゲームに群がるオタクが気持ち悪いという話は折に触れてしているが、ああいうオタクというのはどうしてああいうオタクになってしまったんだろう。オレはああいう気持ち悪いオタクになってなきゃいいが。

 トイレでウンコしてたら人生について唐突に考えてしまっていた。いや、実は考えてなど居なくて、ゴルゴ13のコンビニ本をよみながら、「毛沢東の遺言」ってタイトルはかっこいいなあと思った。オレのまだ書いていない小説のタイトルが「八月の毛沢東」だからだと思う。

 思ってばかりいるな。行動に移せと言わんばかりの衝動的な叫びが脳内から聞こえてきて振りきれなかったので、秋葉原に行こうとしたのだが、大雨だということで母親に止められ、確かに大雨だったので、グランド・セフト・オートVを起動した。

 高台に登って何の罪もない一般市民を狙撃したり、地下鉄の駅にいって、ショットガンを見せるだけ見せて発砲せず逃げ惑う人たちを眺めたり、黒人ばかりのスラム街で派手に大げんかを繰り広げたり、猛スピードで対向車線の車にぶつかり運転手を絶命させて渋滞を作ったり、警察官を殺しまくってテロリストごっこをやった。

 働きたくねえなあと思いながら本棚の中にある本を一冊ずつ積み上げて崩す遊びをしていたら、同じく働きたくないと思って本当に働くのをやめた親父と働きたくないけど仕方なく働いているお袋の会話を聞いて、もしかしてオレは働かなきゃいけないのかと悩んで、思い悩んでリストカットして、リストカットしたと思ったら、リストじゃなくてシャワーのホースで、鮮血だと思ったのはシャワーのお湯で、顔いっぱいにかかった精液を、援助交際したての女子高生のようなしぐさで拭っているのは、どうしようもなく太っていてクズでブ男なオレで、こんなオレが精神を病んでいるとしたらそれは精神を病んでいる人に失礼なので、オレはとりあえず精神を病んでいないことにし、そのまま風呂場で糞尿を垂れ流し、大声で「まんこ」と叫びながら、資本主義に対する呪詛を唱え続けた。

 というわけで今日の飯が貧相でも特に悪く思わないでくれジョニー。確かにミーのマザーのクッキングスキルはマジでゲロマズだが、ウチに金がないせいでこうなっているのだと思うと、お前もアメリカはマンハッタン、超高層ビルに住む奴らのことを恨めしく思い、サンダースに票を入れたくなるだろう? だから食べな、雑草を炒めような苦味が特徴的な卵だけが具のチャーハンと、キャベツが無造作に放り込まれた味噌汁、そして昨日、スーパーで買ってきたメンチカツとカニクリームコロッケの残り物さ。どれをとってもまずいけど、お前はいままで母親の料理といえばこんなもんだと思って食べきたじゃないか。だから食べな。何、食べられないだと。おまえ、母親がこんなに苦労して作った料理が食べられないってのか。確かにオレの母親は馬鹿かもしれない。けどな、馬鹿な人間を馬鹿にする権利が誰にあるって言うんだ、このぼんくらが。

 オレは飯を半分残した後も仮想世界でテロリストごっこをすることに熱中した。高架下にいるホームレスを全員ぶっ殺してやった。なんで人を殺すのはこんなに楽しいんだろう。

 おいやめな。今のお前、最高に中学生って感じだ。大体人を殺して楽しいわけがないだろう。現にお前の手を見てみな。手汗でびっしょり。そいつはデブの手だ。お前みたいなデブのキモオタクはそんな身の毛もよだつセリフを言うもんじゃねえ。ラードみてえなナードが。だから今すぐそのもったいないPS4をオレによこしな。そいつはてめえには扱いきれないぜ。やめろ、お前、ナイフをしまえ、ナイフを。やめろ。やめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろ

 

 なーんてくだらない、メンヘラのふりをした気持ち悪い、どうしようもない男が書いた、妄想をそのまま吐き出した不出来な文章を、タバコをふかしながら、トイレで一人、ずっと考えていたのさ。