妄想サンバ

助走をつけた妄想がやがて暴走していく文章になる

夢であってくれ俺の人生

「夢になるといけねえ」とは有名な落語の演目芝浜の一節だが、一応20年くらい生きてみて感じたのは世の中「夢になるといけねえ」ことより「夢であってくれ」と思うことが多いということだ。

 たとえば痩せようと思っているのにバケツいっぱいのケンタッキーをもぐもぐと食べたのは夢であってほしいし、今日も無駄に一日過ごしていて、せっかく朝の八時に起きたのに気づけば午後一時くらいまでずっと天井を眺めていたとかは普通に今でも夢だと思っているし、睡眠薬を飲んで暴れまわって家に警察が来た時も、記憶が曖昧なので余計に夢っぽい。

 ただ、「夢であってほしい」と思った時点で現実に起こった出来事だし、俺が殴って折った母親の肋骨なんかはまさしく夢であってほしい出来事だと思うが、現に診断書がそこにある。

 でも夢なのかどうかわからない記憶が自分の中にあるときもあって、例えば夢から覚めたら祖母の家にいたのでまた睡眠薬を飲んで変なことをしたらしいと思って帰路についてもう一眠りするか……と眠りに落ちて目覚めたら、一連のシークエンスは全部夢だったということがあり、そういう時は結局オレの人生全部夢じゃん。

 俺の人生全部夢だったらいいのにな、だとしたら目覚めたときの俺は一体どういう俺なんだろう……痩せていて女の子にもてていて賢いインテリだったら完璧だが、それこそ夢で、俺の人生マジなんなんだよ。尊い20年間を返してくれよ。もう一回人生をやり直したい……。

 もう一回人生をやり直したら一体どうなるのだろうか? 俺はきちんと勉強して大学に行っているだろうか? 鬱にはなってないだろうか? いろいろな後悔が全部産まれる前に返ったら、俺という人間はもう俺じゃなくなっているんじゃないのか。

 オレオレ言い過ぎだろ、オレオレ詐欺か?

 最近フォロワーとSkypeで通話してたら「君は他人のことを考えすぎだし、もっと自分を大事にしてもいいと思う」と言われてだいぶ救われた。そう、俺って他人のことを考えすぎだったのだ。意外といい人なんですよ僕は……。

 でも救われたってもその後も普通に睡眠薬でラリって自殺未遂を繰り返していて、全然自分のこと大事にしてないじゃん俺。こうして他人のアドバイスも自分の決意も自分の体も周囲のことも大切にできないまま大人になって死んでいくのかな……。それは嫌だな……。

 というわけで一つだけ夢であってほしくないことができた。今自分が生きているという事実だ。

とにかくお金がありません

 唐突ですがお金がありません。

 先日というかもう一週間前ほどになるのですが、財布を盗まれました。そこに重要な身分証その他諸々が入っていたので一度機能を停止して、凍結を解除する必要があります(意図的にSF表現をしています)。

 僕はIDが示すとおり無職なのですが、最近リアルマジに金に困ってバイトを始めようとしていました。時給940円。東京都の最低賃金は932円。何も言うな……。

 バイトを始めようとすると、身分証が必要になります。社会に生きとし生けるものすべては名前が社会という巨大なシステムから与えられており、それを与えられることによって自分が何者かがはっきりして、システムに組み込まれるのです(意図的に賢そうな表現をしています)。

 芸風がクドすぎました。すみません。

 というわけで僕は今バイトにも応募できず、金もなく、タバコだけ親に買い与えられているのでそれで飢えをしのいでいます。誰か助けてください。お金がありません。ついでに言うとタバコもないです。

 お金がないと人の心は荒みます。行動の選択肢が減ります。外に出なくなります。汚い部屋の中で一日が終わります。風呂にはいるのも忘れます。だからまた外に出なくなります。たまに泣きます。

 よく何にも分からない人が「そんなに暇ならやることあるじゃ~ん」と言ってくるが、そもそも体が動かないと言っているんだよ。馬鹿かお前は。人類みんなお前みたいに動けと思ったら動くし適度に快適で友人関係にも恵まれバイト先の関係も良好で学業もまあまあ、大学生活ってメッチャ楽しいじゃん的な転回を経てると思うなよ。

「公的抑圧君ならどこの大学でも芽は出ると思うけどな~」

 奨学金800万くらい詰むの確定している身にもなってくれよ。そりゃそっちはインテリで金もあって実家も太くて幸せかもしれないが、俺の場合は全く逆。フリーターやらなきゃ生活できなさそうなんだぞ。

 というわけで最近は本を読み映画を見ています。嘘です。本も読めてないし映画も見てません。というかどうやって本って読むんだっけ? 集中力が続きません。大体1ページ読んだら集中力が霧散します。喫茶店とか集中できるところに行けばいいのでしょうかと思って財布を手に取ろうと思ったら手のひらが虚空を掴み、俺の涙腺が刺激されました。

 金、無いんだった……。

 

地には平和を、フォロワーにはオモシロ破局を

 うい~っす、公的抑圧です。先日ブログでフォロワーの性的で赤裸々な告白を書いたところ、それが原因でフォロワーとナオンが破局していた。

pkd-straysheep.hatenablog.com

 

 あの~……まず申し訳ないことは申し訳ないんだけど、実際面白かったししょうがない。フォロワーがオンナとセックスしてるのを酒の席で言うこと自体面白いし、内容も面白いし、何より属性も面白い(そのナオンとは俺のフォロワーだった)。

 僕は「面白ければオールオッケー」という倫理観の持ち主なので、フォロワーが俺の記事が原因で破局しているのは心が痛むが、でもネタが一つ出来たしいいじゃないですか? 手打ちにしましょうよ。

 これはあからさまな責任転嫁なんだが、Twitterのフォロワーとはセックスするのにコンテンツ化されるのは嫌がるオンナのメンタルもマジで何なんだよ。俺ら男を弄んでいるのか? 弄んだのは俺の方だった。申し訳ない。

 Twitterからの恋愛なんて絶対長続きしないし、したとしてもコンテンツ化するだけなので早めに別れられてよかったと思う。恋のキューピッドあれば破局のキューピッドあり。捨てる神あれば拾う神あり精神で今後も頑張っていただきたい。

 人生、オモシロければオールオーケーの精神で行くと良いこともあるさ!

 ……辛いことは、大して自分が面白くないことに気付いてしまった時で、そのときは自殺しかないと思われる。というわけで今日も自殺未遂をしてしまいました。

 親から睡眠薬を飲むことを固く禁じられていたのだが、流石に昼夜逆転生活が洒落にならなくなってきたので睡眠薬を四錠ほど飲んだのだが、そこから記憶がない。気付いたら俺はマンションの屋上から飛び降りようしているし、それを母親と祖母が必死に止めているという構図だ。

 でも俺は本気で自殺しようとすれば楽に死ねるはずだし、俺は本当にダメな人間だ。誰かに止めてもらいたくて自殺未遂をする。だけど本当は死にたい。これってつまりかまってもらいたいだけだ。俺、まじでなんで生きているんでしょうか……神様……。

 と思ってベッドの中で横たわっていると、部屋の隅に男が現れた。あ! これってサードマン現象だ! 賢い俺はそれが自分の脳内の幻影であることにも気付いていたが、サードマンは俺に話しかけ始める。

「公的抑圧君、死んじゃダメだよ。君には才能がある」

「そうかなあ~……」

「自分に自信を持たなきゃどうするの?」

 沈黙。

 俺は思い切ってサードマンに聞いてみた。

「俺って救われるでしょうか?」

 サードマンはにこやかに答える。

「自分を救えるのは自分だけだ」

 そう言い残して俺の守護天使は光のなかに溶けていった。彼のもといた場所の床には向精神薬が転がっていた。俺はもう一度天を仰ぎ見て、祈ることにした。

 現代医学よ、俺を救ってくれ。

俺も救われるだろうか?

 昨日と今日でフォロワーと会って飲み会をしていました。シェアハウスをやっているフォロワーがおりまして、その人によると名古屋から上京してくる人、そしてフォロワーの大学の先輩(僕は面識があります)二人も参戦するとのこと。男公的抑圧、このメンバーで武功を残さぬ訳にはいかぬと張り切って飲み会へと向かったわけです。

 秋葉原でフォロワー二人とふらついた後、荻窪のシェアハウスへと向かいます。といっても飲み会は8時からの予定で、フォロワーの雑事を手伝ってもまだ二時間以上時間があり、しかも予定の八時には俺以外誰一人も間に合うことがなく、ようやく九時に名古屋からの人が来る始末。

「お、セックス野郎じゃん。俺等よりもセックスを優先した野郎じゃん」

 一応言っておくと初対面の年上です(一応Twitterのフォロワーではありますが)。僕はあまり年上をリスペクトしない傾向にあり(これを一般的に粗相と呼びます)、この日もそれを炸裂させたわけですが、流石に付き合いの長いフォロワー(面倒なので荻窪のシェアハウスのフォロワーをY、名古屋から上京したフォロワーをEとします)なので、俺のひょろひょろパンチとかわしてカウンターを打ち込む。

「童貞野郎のルサンチマンか? 惨めな人間だな」

 このやり取りで大体僕達がどういう人間でどういう関係性なのか分かってもらえると思います。

 Eは実は名古屋から遠路はるばる東京へやってきたのはわけがあり、彼のフォロワーとセックスするためらしく、そのことを喜々として話すのです。しかし俺も人間公的抑圧、かつては心優しい人と呼ばれた情が働いて渋々聞いてやります。

「今日は三発イッた」

 胸のあたりにむかむかとした気持ち悪いものがうごめきます。逆流性食道炎でしょうか?

「それで女の子は何回イッたの?」

 せめてもの介錯と思って俺が刀を振り出すと、

「え? なんかよくわからないけどメッチャイッてた」

「でもお前女の子がリアルでイクところ見たことねえじゃん」

「え? いやでもリアルで喘いでたよ」

 演技だよ! それは女の子の気遣いだよ!

 そう言いたいところをグッとこらえるためコーラを一気飲みしてタバコに火を点けました。本当の愛はどこにある?

 

 そんな話をしていたらYの先輩であるSさんが到着。もう一人Iという人がいるのですが後でLINEを見てみたら寝ていたようなので今度飯をたかることにします。

 SさんとEは今日が初対面ということでまずは自己紹介から。この時点でEはもう信じられないほど酔っており、部屋の窓から放尿を試みる始末(けしかけたのは俺ですが)。SさんはあろうことかEのオフパコ話に興味津々で、語られることのなかった一回目のオフパコに話はつながっていきます(実は三回イッたオフパコは二回目のオフパコだったんです)。

「そんでェ……一回目はね、俺結構いい雰囲気だったんですよ。一回秋葉原の金の蔵で酔わせた後に、ハブいってカルーアミルク飲ませて、そっからホテル行こうとしたワケ」

 これを人は完全犯罪と呼びます。

「で、金の蔵の時点でかなり彼女が酔っててね、なんか俺にもたれかかる感じで座ったり、彼女酒弱いのかすぐ寝ちゃうんですよね」

「ほんで寝たらどうするんですか?」

 Sさんの質問に、Eが満面の笑みを浮かべます。どうやったって鳥肌が立つのを抑えきることが出来ない俺。

「こうやってね……頭をポンポンと」

 泡拭いて倒れるかと思いました。これ、サイコホラーではないでしょうか? 2017年で一番戦慄しました。

「は、ハァ……オオォ……」

 Sさんも引いてます。Yも引いてます。地獄への扉が開く音って実際には聞こえるんですね、みなさんは聞いたことありますか? 集団が一斉に息を呑んだらその合図です。

「その後オレはホテル行きてえの、早くホテル行きたいの。でもさ、ホテルの場所が分からない。まず秋葉原のホテルってねえのよ。だからハブに行くことにした」

 完全犯罪と言ったことをお詫びして訂正せねばなりません。この人ただのアホだ。

「そんでハブ行って飲んでたら、彼女がいきなり足を絡ませるワケ。オレも股に手を伸ばす。そしたら彼女がオレにキスするわけ。ベロチューだよ? もうオレ勃起止まんないしさ、これは絶対に落ちたなって」

 相対的な観念の話は非常に話が難しくなるので厄介ですが、この場合、一般的に言うと落とされているのはむしろEです。

「もう我慢できなくなっちゃって、ホテル行こうって。そしたら彼女何て言ったと思う? 私、生理なのって」

 犯罪にかけられてるのもお前じゃねえか!

「でもそこで大人しく引き下がったらあまりにも情けない。オレは意を決して食い下がる。それでもホテル行こうって言う。そうしたら彼女、ついに折れてオレは念願のホテルに行くわけだ……」

 ここから先の話はあまりにも汚いので書くことをためらいました。つーか書きたくないです。気が向いたら書きます。

 こういうバカな人間の話を聴きながら、俺は思うわけです。「俺って救われるのかなあ……」北方謙三が乗り移ったEは叫びます。「女とヤれば世界が変わる! オレは本当の愛を知った!」

 Twitterのフォロワーとの性行為を通じて本当の愛を知った気になっている23歳大学五年生の受難はまだまだ続きそうだということだけは手に取るようにわかりました。

大学行くのやめて高卒フリーターになることが確定した

 公的抑圧です。おひさ~、元気してた? まあ俺はタイトルどおりだけどよ。

 とりあえず経緯を説明すると、今日の朝がた、睡眠薬でラリった俺が実家に襲撃し(最近別居してた)、親父に出て行け!と言いまくってたら俺と母親が出ていくことになったということです。

 母に「お前が出ていかなきゃ俺は死ぬ」と半ば脅すようにして出ていくことが決まったのですが(両親は俺が自殺を仄めかすと言うことを聞くのでちょろいです)、出ていくと決まったらあら大変、金が無いんだな、これが。

 母の年収は420万、手取りは月26万程度なんですが、この内の月20万は借金の返済に充てられて手元に残るのはわずか六万。もちろんこれじゃ生活はできません。

 というわけで俺がアルバイトすることになったんですが、親子二人の生活費を稼がなくてはいけないので、最低月8万、贅沢を言えば月10万は欲しいわけですね。

 そんなに金を貰うということはそんなに長時間働かなくてはいけないことを意味しておりまして、予備校に通う時間なんてないわけです。

 予備校に通わないとろくに勉強出来ないということはまあ去年の俺が文字通り指し示すことではありますから、要するに大学進学を諦めてフリーターになるしか道はないってことです。

 なあ、俺って何のために生きてるんですか? 誰か教えてくれ

 誰か助けてください

嘘嘘嘘!!!! 俺の人生全部嘘!!!!!!

 だがそれでも人生は続く。

死にゆくものと生き残っ(てしまっ)たもの

 友人が亡くなった。自殺だった。19歳だった。ここから先何もとりとめもなく文章が続いていく。何も構成を考えていない。許して欲しい。長くなるかもしれない。同じことを二度書くかもしれない。でも、それはすべて俺の考えの足跡だと思って許して欲しい。

 俺と彼は高校の時からの付き合いで、まだ4年ぐらいしか経ていないけども、高校の時にはじめて出来た友達だったし、最重要の友達であったことは確かだ。少なくとも、俺達の友情を疑うことはなかった。

 だが彼は死んだ。なぜだろう。

 いま、彼がなぜ死んだか考えるのは不毛だった。彼の死が不毛だとか、ましてや彼の生が不毛だったとは思っていない。少なくとも彼の生は、戦いは価値のあるものだった。それは等しく、人類に与えられる人生という戦いの中でもかなりの価値を得ていたはずだった。

 だが、なぜ彼が自殺したのだろうということを考えずにいられない。答えはない。未来に希望はないからか。じゃあ、俺も同じように感じている今、なぜ生きているのだろう。

 わからない。俺の人生にはわからないし、俺の人生が進んでいく中で、俺の感情のスタンスはそのスタンスを得た根拠が分からないまま湧いて出たものだった。何もかも分からないまま突き進んでいっている人生を、俺は何も分からないまま眺めている。

 彼はそうではなかったかもしれない。あるいはそうだったかもしれないが、そういった自分が許せなかったのかもしれない。もう何も分からない。結局、彼の死も俺の人生の「わからない」というピースに回収されて、咀嚼されて、終わるのか。

 終わらせたくなかった。彼との関係を考えた時に、そんなことで、「わからない」なんてそんな大まかなカテゴライズで終わらせられるほどの存在ではなかったし、そう扱っていたくもなかった。

 彼は俺に「幸せに生きてください」と言った。彼は不幸だったのか。それは分からない。幸せかどうかなんて、他人が決められるような基準ではない。そう思う。

 では俺は幸せであったのか。間違いなく幸せな人生を歩んでいるとは思えなかった。幸せな人生を歩むことへの嫉妬に満ちあふれている。もしかしたら俺のそうした言動が、彼の幸せを蝕んでしまうような結果になったのではないか。もう何も分からない。

 ふつう、人は「自分は幸せだ」と感じる時に幸せであると感じることはない。それは後から思い出すように「あの頃は幸せだったね」と追憶する形で現れる。じゃあ、「幸せになってください」って一体なんなんだ? 俺がこの先、天寿をまっとうするその瞬間に「幸せだった」と言えるだろうか。でも彼はそのような状態になってくれと祈った。

 幸せになりたいと祈って幸せになれることがあり得るのだろうかと思う。自分の経験を思い返すと、そんなことはごく僅かな成功しかなかった気がする。いつも、俺が幸せだと感じるのは当初考えていたこととは全く別のように物事が展開していって、結果的に「あ、あれは幸せだったんだ」と気付く、そのプロセスだ。

 彼との日々もそのプロセスだった。彼と出会ったのは高校に入って一番最初の日だった。そこからどんどん仲良くなっていた。少なくとも、一番最初に仲良くなってはいなくても、5番目くらいにはもう仲が深くなっていて、そして俺達の関係は高校を卒業しても続いていた。俺が大学受験に失敗して浪人することになっても、彼は時に鋭く、怠けた生活を続けた俺にツッコミを入れ続けていた。そうしたことをずっと繰り返していた。幸せだった。俺の生活が苦しくても、でも友達さえいればなんとか幸せに、その日限りでも楽しい気持ちで終われる。そんな毎日だった。

 でももうそれももう終わった。涙を流しながら、苦い表情で、でもどこか楽しげな表情で、記憶の中で彼と戯れていた時間を追憶することしか出来ない。彼と再び幸せな時間を構築することは出来ない。その機会は絶たれてしまった。

 なぜ俺は今涙を流しているのだろう。覚悟は出来ていたはずだ。彼はもう随分前から自殺を仄めかし続けていた。俺はそれを積極的に止める必要があったはずにちがいない。でも、それをあえて積極的に止めなかったのは俺本人のはずだ。じゃあなぜ泣いている? 彼が一切の苦しみから解放されたことは喜ばしいことに違いないのに、なぜ泣いている?

 「もっと強く自殺を止めておけばよかった。半ば強引に止めるべきだった。そうに違いない」そういう後悔からの涙があるのも間違いない。でも、その後悔は俺の後悔だ。俺が後悔しなかったからといって、彼の人生が幸せになるかどうか、責任は大きすぎて俺の小さな両腕では抱えきれない。

 「悲しい」という感情もそうだ。今俺が悲しい思いをしたくない、それだけのために、彼の自殺を止めることは出来ただろうか。

 そして、そのようなすべての後悔や悲しみは、俺一人のものであることに違いはないだろう。俺の後悔や悲しみが消えたからといって、では彼の悲しみが癒えるかということはない。そして事実、癒えなかった。

 彼の未来がささやかな希望とささやかな幸せに満ち溢れたものである。と僕ははっきり断言できなかった。もちろん、そのことは考えていた。人間は常にささやかな希望とささやかな幸せに支えられて生きている。たまにそれを叩き潰そうと巨大な絶望が立ち現れるが。大抵は負ける。人生は戦いだ。負け戦だ。だけど、絶望に負けて、ズタボロにされた俺の心の傷口からささやかな幸せと希望が芽吹き出す。だからまた人生に向かって挑んでいく。必ず負ける。その繰り返しだ。時々勝つこともある。

 これが、俺は人生という営みで最も美しいところだと思っている。だから人生は戦いなんだ。生きているだけで俺達はずっと戦い続けてきた。でも、幸せではない。美しいかもしれないし、価値もあると俺は思っているけど、これは幸せな生き方ではない。

 俺の人生の営みをそのまま彼に適用するにはあまりにも傲慢すぎるが、彼はこのシークエンスに耐えきれなくなったのではないか。この無意味な戦いに。育てた幸せが花開いてそのまま枯れていってしまうというような、そういう消耗戦に。

 俺はそうした彼の戦いを、生き様を限りなく賞賛し続けることになると思う。最後に自殺という道を取ったからではない。彼は幸せな息吹が何者かに吹き消されることを嫌った人間だったのかもしれない。大事に育てていた希望の芽が摘まれた時、本当に悲しんでいる人に違いない。そして、それが出来るということは彼は限りなく、そして間違いなく優しい人物であったに違いない。

 ここからは完全に俺の推測で、親しい友人にも大ツッコミを食らうかもしれないけど、そうした優しい人物が、耐えられなくなったのかもしれない。優しければ優しくあろうとするほど残酷な人間になっていくこの分裂的な生き方に耐えられないのかもしれない。なぜか。彼はやさしいから。やさしい人間が、無意味とも思えるようなもののためにわざわざ希望の種を傷口に埋めるようなことを延々と繰り返していれば、そは純粋に、自分自身の無意味さを感じ取るのではないか。希望の種にやさしくしようとしたとき、彼は死を選んだのかもしれない。俺には出来ない。そして俺の友人たちの間で出来るような人間もいないだろう。

 俺たちは普段からこの欺瞞から目をそらしながら、それでもなんとか生きている。彼は欺瞞を許さなかった。正義感が強いとかそういうことは特に思ったことがなかったけど、でも心の中での正義感はきっと強かったはずだ。彼は生の欺瞞のあまりの醜悪さに直視できなかった。だから死んだ。不謹慎であまりにも下卑た言い方をすれば、崇高な死、ということになる。

 じゃあ今俺が感じている後悔や悲しみはどうやって説明すればいいのだろう?

 いま、ここまで延々と書いてきてはじめて思いついた。「彼の自殺を止めなかったから」「彼の死が悲しいから」だ。

 延々と書いてきて、結局これだった。俺は彼の自殺を止めるべきだったのだ。それは、俺が悲しいというエゴイズム的な理由もそうだったに違いない。けど、最も止めるべき理由は彼の戦いが価値あるものだからだ。こんな優しい人が死ぬなんてことはあっていいわけないからだ。代わりに俺が死ねばよかったんだ。こんなゴミみたいな俺にも優しく接してくれた彼が自ら死を選ぶなんて、そんな悲しい結末があっていいはずがないからだ。

 これはエゴだ。俺のエゴだ。だがエゴで何が悪い? 結局、この先彼が生きたとしても先に書いたのと同じように、彼の人生そのものが苦しみで、辛くて、みずから命を絶ってしまいたいという状態に陥るかもしれない。

 でも、彼がそうなったら、俺が彼に寄り添って、彼の苦しみを幸せで潰していくべきだった。人間の欺瞞なんて許せないけど、倒すべきもので、そして人間の欺瞞に彼が立ち向かう後押しをやってやるべきだったんだ。俺は、今気づいた。彼を助けてあげる、は傲慢だとしても、俺は彼に寄り添うべきだった。

 でももうそれは許されない。彼はもういない。

 俺は結局これを書いてどうして欲しいのだろうか。悲しみや後悔を慰めてほしいのだろうか。自分の人間としての浅薄さが嫌になってくる。そしてそれは人生の欺瞞へと通じていく。

 こんな文章を書いてももう何もならない。彼は生き返らないし、楽しい日々は戻ってこない。

 だけど彼は俺に生きろと言った。多分それはこの欺瞞と戦えってことだ。

 そのきっかけを今、この文章を書きながらつかもうとしている。